重役に労働基準法の規制が及ぶか

Q.当社の管理職のなかには取締役兼部長職(執行役員)の者がいるのですが、このような者にも労働基準法の規制は及ぶのでしょうか。

A.指揮命令を受ける場合は労働基準法の規制が及びます。
労働基準法の保護を受ける労働者とは、雇用契約により指揮命令に従い労務を提供する者のことです。取締役は会社と委任契約を結ぶ者であるため労働者ではありません。しかし取締役や重役であっても、業務執行権または代表権がなく、指揮命令を受け賃金を受ける場合は労働者です。支店長や支配人といった商業使用人においても指揮命令関係の有無によって判断すると多くの場合労働者となります。
また、執行役員とは会社法上の取締役とは別の概念のものであり、取締役会よって実務の責任者として選任され、代表取締役の指揮命令を受ける者です。執行役員であっても業務執行権や代表権がなく指揮命令を受ける場合はやはり労働者となります。

労働基準法第41条に規定する、労働時間・休憩・休日の法規制の適用が除外される管理監督者の範囲については別示。