振替休日と代休の違い

Q.振替休日と代休の違いは何ですか。

A.「振替休日の設定」とは、事前に労働日と休日を入れ替えることを言います。具体的に言えば、今度の日曜は本来休日ですが、休日出勤が予定されているため予め本来労働日の翌日月曜を休日にする、というものです。この場合、日曜日に労働させた日については「休日労働」とはならず、休日労働に対する割増賃金の支払義務も発生しません。
 一方、「代休の設定」とは、休日労働が行われた場合に、その代償として以後の特定の労働日を休みとすることを言います。具体的に言えば、本日日曜日は本来休日ですが突発的に出勤が必要になったの翌日月曜日を休日にすことにする、というものです。この場合には、前もって休日を振り替えたことにはならないので、休日労働分の割増賃金を支払う必要があります。
以上が基本的な考え方ですが、では「事前に」とはいつまでを指すのか、といったことが問題になりますので、就業規則の定めが必要になります。