休憩をとらないことで早く帰宅したいと従業員が希望した場合

Q.当社のパートタイマーの中には、休憩時間をなくしてその分早く帰りたいと希望を述べる者もいますが、休憩を希望しない従業員へも強制的に休憩させなければならないのでしょうか。

A.その場合であっても法定の休憩時間をとらせなければなりません。
休憩は労働基準法で規定されており、労使の合意とは無関係に適用される強行法規だからです。
労働基準法34条で定める休憩時間は、実労働時間が1日6時間を超える場合は45分、8時間を超える場合は60分となっています。質問のパートタイマーの場合には、実労働時間を1日6時間に短縮することなどが、早く帰宅させるための案として考えられます。