労働基準法第41条に規定する管理監督者とは

Q.当社では、課の大小に関係なく課長職以上の者を一律に非組合員とし、同時に労基法第41条の管理監督者としていますが、問題ありませんか。

A.職制で一律に管理監督者とするのは問題があります。
労働基準法第41条に規定する、労働時間・休憩・休日の法規制の適用が除外される管理監督者の範囲については、法律上特段の定義はないため行政解釈や判例によって判断することになります。近年「名ばかり管理職」の社会問題化により解釈の適正化が図られる方向に向かっているため、慎重に検討する必要があります。

また、非組合員とするのは労働組合法の保護を受ける労働組合を維持し、使用者の支配介入を避けるためであり、労働基準法第41条に規定する管理監督者とイコールではありませんので、こちらも行政通達や判例により別個に検討する必要があります。